オリオール ロゴ

「何が自分にとって幸せなのかは分からないけれど、何が不幸せは分かる」
この言葉は、ある映画のセリフですが、皆様もきっと頷かれたことでしょう。
人は幸せを求めて生きているのに、意外とその幸せが手に入ると無頓着になり、不幸せな所ばかりを見つけようとしてしまうようです。
他人から見て「さぞかし幸せでしょうね」と言われている生活をしていても、本人達はちょっとも幸せに思っていない事もあります。
結局のところ「幸せは心の想いよう」と言うことになるのかも知れません。
同じ事が起きたとしても「ある人はそれを不幸」と捉え、ある人はそれを「これから幸せになるための種」と考えます。
「禍福は心の想いよう」と言うのは、こうした事を言うのでしょう。
どんなに苦労の人生だったとしても、この世を去る時に「あ〜良い人生だったな!」と心から思えるようになりたいと念うこの頃です。