オリオール ロゴ

カクテルパーティー効果とは、多くの音の中から自分が必要としている情報や重要な情報を、無意識に選択することができる脳の働きのことを言います。
これは1953年にイギリスの認知心理学者のコリン・チェリー によって提唱され、音声の選択的聴取、選択的注意とも呼ばれています。
ご存知の方もいらっしゃるかと思いますが、今の世の中、いろんな情報が否応なく飛び込んできます。
それでも、雑音は雑音と捉え、あなたのお名前や気になっている方の声などを敏感に拾って来るなんて人間の耳と脳はなんて凄いのでしょう。
ですからこの効果を利用して、その人だけに伝えたい重要なこと等は、その方のお名前を呼びながらお伝えすると相手に伝わる効果が何倍にも上がるそうです。
愛する人の名前を連呼するのは、こうした効果を本能的に知っているからでしょうか?(笑)