オリオール ロゴ

自分の息子や娘のことは客観的に見れないのが親なので、他人からの自分の子供に諫言には耳を傾けなければなりません。
しかしながら、なかなか他人からの指摘にも、自分の子供の事になると素直に聞くことが出来ないのも親です。
ましてやその親が社会的な地位が高くなるほど、周りの人は例え愚息や愚娘であっても諫言をしてくれなくなるものです。
忠告を受けたからと言っても子供であっても人格は別なので、全て自分の思い通りに言動を抑えることも、教育することも出来ません。
だからと言って「他人に厳しく、自分には寛容」になってしまったバカ息子、ドラ娘を放っておく事は出来ません。
ではバカ息子やドラ娘をどのように矯正したら良いのか…
「自分に厳しく、他人には寛容」な人の元で、強制的に働かせることではないかと私は思っております。
ただ「他人の釜の飯を食わせる」だけでは子供達の性格は変わらないから、お手本となる人の元で働かせることによって「自分を厳しく律する事が大切で、自分を甘やかすことが如何に自分をダメにするのか」をしっかりと学んで貰うしか無いように思います。