オリオール ロゴ

子供を持つ親達は皆んな「自分の子供が無性に可愛いのが当たり前」と思っているかも知れませんが、そうでもないと私は思っております。
こんなことを言うと「親として最低だな。親の資格もない。」と言われそうですが、現実として自分の子供であっても「可愛い時もあれば憎たらしい時もある」と言うのが本音だと思います。
同じように子供達も自分の両親だからと言って、いつもいつも尊敬し頼り愛している訳ではないかと思います。
親は子供が必ずしもいつも可愛いわけではないし、子供は親を必ずしもいつも頼りにしているわけでもない。
そんな関係でも子供は独立心を持った大人に育ちます。
逆にどれほど愛情を注いでも、他人に迷惑ばかりかける人間に育ってしまう子供もおります。
親子といっても別人格の人間なのだから、そこは割り切る気持ちも時には必要な事もあるかと思います。
だから子供のことで悩み過ぎないで、ほどほどが丁度良い。
自分をダメな親だと責めても子供は変えられない。
何事も行き過ぎず、やり過ぎず、ほどほどがちょうど良いようです。