オリオール ロゴ

「他人を褒めると何か負けたような気がして褒められない」と言う方は、私だけではないかと思います。
それほど他人を褒めると言う事は勇気がいることです。
ですから平気に他人を褒めることができる人は、それだけでも大した人物であるし、「私は偉い」と自分自身をもっと褒めてあげても良いかと思います。
目上の人や上司を褒めることが出来ても、自分より年下の人や社会的地位が低い人を褒めることが出来ないのが普通であるようです。
でも人間、他人を褒めることが出来なくなったら先の成長は中々ないかと思います。
口を開けば他人の批判や悪口ばかりでは、その人自身の未来も暗いものとなることでしょう。
他人の良さを理解できて、素直に褒められる人は、まだまだ人間的成長の余地があるという事ですね。